** 結婚式のお役立ちサイト **

貯蓄しながら育児を楽しむ > 結婚式のお役立ちサイト > 結婚式で節約&お得


結婚式で節約&お得をする

素敵なウェディングドレスを着たい!という夢を持っている女性は多いと思います。現実的には、結婚式には思うより多くのお金がかかります。少しでも節約して、新婚旅行&新生活にお金をまわしたいですね。そこで節約&お得な情報を紹介します。

●オフシーズンを狙ってお得

結婚式にはシーズンがあります。3月〜6月、9月〜11月の時期はハイシーズンで、料金も高くなります。それ以外の時期ですと、料金も安くなったり、特典がついたりします。是非オフシーズンを狙いましょう。最近は12月月の結婚式が多いような気がします。


●都民共済・県民共済をつかってお得

条件として都民共済・県民共済(掛け金2000円〜)に加入をしなければいけませんが、確実に節約になります。都民共済の場合、ウェディングドレスは18900円で借りられます。また新しくできたハッピープランというものがあり、必要なものがほぼ揃っていて、格安のプランもあります。埼玉の県民共済の場合、ゴールドプランというものがあります。節約をしたい人は要チェックです。


●パックプランでお得

結婚式場ではいろいろなパックプランを用意しています。一つ一つ自分で選んでいくより、パックの方が断然お得になります。パックプランに自分の希望を追加していくようにしましょう。


●クレジットカード利用でお得

結婚式の費用をクレジットカードで支払える式場があります。大きな出費ですので、これをカードで払えばクレジットカードのポイントが一気にたまります。貯めたポイントは商品券等に交換できますので、お得です。


●ブライダルフェアでお得

ブライダルフェアに参加し、その場で結婚式場の申し込みをすると、特典がついたりすることがあります。例えばキャンドルサービスが無料とか、スナップ写真無料とか、結婚式前日のホテル宿泊が無料になったりしますのでぜひブライダルフェアに行くのをおすすめします。


●人前式で節約

式には主に神前式、教会式、人前式の3つがありますが、格安なのが人前式です。教会式は、施設や演奏者などの人が多く必要なため一番高くなっているようです。人前式はオリジナルなものができますし、追加料金も必要ないことが多いのでおすすめです。最近はこのスタイルも多くなってきています。


●ペーパーアイテムで節約

結婚式では招待状、席札、メニュー等いろいろなペーパーアイテムが欠かせません。これを全部式場に頼んでいたら大変なお金がかかります。これは自分で手作りしましょう。東急ハンズなど文具屋さんにいけばかわいいものはたくさん売ってます。招待状の宛名ももちろん自分で書きましょう。式場で依頼すると一通200円位かかります。丁寧に気持ちをこめて書けば問題ありません。


●カメラマンの節約

結婚式場でプロのカメラマンを雇うと、20万円位してしまいます。仲のよい友達、または親戚等にあらかじめカメラを渡しておいて撮影してもらいましょう。意外とプロよりもよく撮れていたりします。


●芳名帳の節約

結婚式に来てくれた人たちに名前を記入してもらう芳名帳ですが、これも結構高かったりします。これをやめ、小さな手作りカードを用意して、名前とメッセージを書いてもらうこともよいでしょう。これを利用して、パーティの時に抽選をして一言もらったり、プレゼントをあげるのもいいアイデアです。


●結納の節約

結納は昔のようにはあまり行ってないようです。簡単な両親の顔合わせにしましょう。ちょっとおしゃれなレストランを予約して、その時に顔合わせですと言っておけば、店員さんも気を使ってくれます。


●ウェルカムボードの節約

結婚式の受付にはウェルカムボードが用意する場合があります。式場の人はおすすめしてきますが、なくてもOKです。その存在に気がついている人は意外と少なかったりします。ウェルカムボードを置きたい場合は、手作りにすると節約できます。


●キャンドルサービスの節約

結婚式ではおなじみの場面です。キャンドルサービスの代わりにドラジェを配りながら入場するのもいい案です。これでキャンドルサービス代が節約できます。


●何にお金をかけるか考えて節約

何も決めず、漠然としたままで結婚式の打ち合わせに行くとあれもこれも勧められます。それを全部組み込んでいくと、かなりの値段になってしまいます。きちんと計画を立てて何にお金をかけ、何を削るのかよく考えて打ち合わせに行きましょう。


●ブーケの節約

ブーケを生花にすると最低でも2つで5万くらいかかります。ほんの少しの時間しか使わないのにもったいない。これを普通の花屋さんやホテルでブーケタイプの花束にしてください。とお願いすれば、希望に合うように作ってくれます。これでブーケ代を節約です。またアートブーケ・造花にするというのもあります。これだと、式が終わった後に家でも飾っておけます。


●司会者の節約

司会者もかなりお金がかかるポイントです。これを友人にお願いしたら、だいぶ節約になります。また雰囲気もだいぶ違ったものになります。


●ブライダルエステの節約

ブライダルエステってよく聞きますが、別に必ずしなければいけないものではないので、節約できるなら節約しましょう。家で普段のお手入れに加えてパックなどを念入りにすればお肌もいつもよりいきいきしてきます。


【PR】 結婚報告と年賀状を兼ねて 結婚報告はがきの『ビー*リング』

【PR】 ダイエット成功率抜群サプリ!肥満の悩みを2週間で解消! お試しサンプルあり ダイエット


貯蓄しながら育児を楽しむ > 結婚式のお役立ちサイト > 結婚式で節約&お得



SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー