** 妊娠・出産・育児のお役立ちサイト **

貯蓄しながら育児を楽しむ > 妊娠・出産・育児のお役立ちサイト > 胎教のすすめ


胎教のすすめ

●胎教って何?

胎教というのは、ママ、パパと子供の絆を深めて、子育ての基盤を作ることです。
妊娠中から赤ちゃんとのコミュニケーションをとるのはとっても大事!
7ヶ月頃には聴覚も発達するといわれてますが、胎教をはじめるのに早すぎるということはない!ということでさっそく胎教のスタートです。
子供はお母さんの感情も読み取っています。お母さんがストレスを感じると同じように子供もストレスを感じてしまいます。ストレスのないゆったりとした生活を心がけること!


●胎教って一体何をしたらいいの?

話かける

いつも赤ちゃんの存在を意識して、話しかけてあげる。毎日の出来事、今していること、なんでもいいので、とにかく常に話しかけること。まずは、朝起きたら”おはよう”出かけるときには”いってきます”など言ってみるとすんなりとはいれます。
私は、気がついたときによくお話をしていました。


音楽を聴く、歌を歌ってあげる

ゆったりとして、心が安らぐような音楽が最適!クラシックのモーツァルトが良いと聞いて、毎日毎日CDをかけていました。
生まれた後、お腹の中にいた頃の音楽を覚えているそうです。


本を読んであげる

絵本は、楽しく、明るく、平和なものが良いようです。自分のお気に入りの絵本を何度も読んであげると、生まれてきた赤ちゃんもそれがお気に入りになるそうです。
本は、何度か読んだという程度でした。


●体内記憶?

子供はお腹の中にいた時のこと、生まれてきた時のことを覚えているといいます。2歳〜4歳の間に自分の子供に確認してみることができるそうです。体内記憶は胎教に積極的だったほうが、記憶が残っていることが多いようです。
ぜひ試したい♪



★妊娠中に読む胎教に良い本、おすすめの本も参考にしてくださいね。

貯蓄しながら育児を楽しむ > 妊娠・出産・育児のお役立ちサイト > 胎教のすすめ



SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー