** 妊娠・出産・育児のお役立ちサイト **

貯蓄しながら育児を楽しむ > 妊娠・出産・育児のお役立ちサイト > 二人目妊娠


二人目妊娠の様子

子供一人のお世話で精一杯の毎日、そんな中二人目を妊娠しました。二人いると楽しさ二倍!とよく母や友達が言っていましたが、さていったいどうなのでしょうか?


●妊娠発覚〜妊娠4ヶ月(0〜15週) 妊娠前期

妊娠した時は、全く気づきませんでした。出血があったので、生理が来たと勘違いをしていました。
仕事もしているので、毎日が精一杯の日々でした。でもなんとあく妊娠しているようなしていないような・・・と気になり、半信半疑で妊娠検査薬を使ってみると、陽性でした。次の日は仕事を休んで、半信半疑で病院へ行きました。
すると・・・妊娠してました!出血があるので、一週間後に再度病院へ行くことになりました。
だんだんとつわりがひどくなり、娘の世話がつらくなってきました。娘は一歳半でしたが、夜寝るときは必ず抱っこ&おっぱいで寝かしつけでした。
まずは母乳をやめました。母乳をやめると、夜中も抱っこして、リビングに連れてきたり、バナナなど食べさせたり、2週間ほど大変苦労しました。
その後に抱っこでの寝かしつけをやめました。毎日一時間かかり、つらかったので、うで枕、添い寝で寝かせるようにしました。
何日かは泣いて、泣きつかれたり、諦めて寝るという状態でしたが、すぐに、添い寝で寝れるようになりました。しかし寝かしつけにはやはり一時間かかります。

●妊娠5ヶ月〜7ヶ月(16〜27週) 妊娠中期

妊娠中は、一人目とはやはりだいぶ違います。一人目は妊娠をして、生まれてくるまで大変楽しみにしていましたが、今回は忙しくてそれどころではありません。
つわりもまだ続いていて、妊娠中期に入りだんだんとおさまってきました。つわりは前回ほどひどくはなく、食事も少しずつ食べれました。
食べていないと気持ち悪くなるので、常に何かを口にいれています。そのおかげで、体重は増え続け、検診のたびごとに注意を受けています。

●妊娠8ヶ月〜10ヶ月(28〜40週) 妊娠後期

妊娠8ヶ月といってもまだまだ仕事は続けていました。通勤で、席を譲ってもらうことが多くなりました。といっても、席を譲られたのは半分くらいだったかな。
優先席の前に立っても、みんな知らん顔ということが多かったです。朝の込んでる電車では、ほとんど譲ってもらったことはありません。
お腹が苦しくて眠れない日がこの頃から出てきました。急にお腹も大きくなったように感じました。眠れなくても、娘は夜中何度も起きるので完全に寝不足です。しかし仕事は、ほとんど休まずに通いました。
ついに33週、出産の一ヶ月前で仕事を終了しました!
あともう少しは働けるかなーなんて思ったりしました。一ヶ月は家で過ごしましたが、意外と時間ってないものですね。
2人目の妊娠は、あっという間に過ぎてしまったかな。上の子のお世話をしながらだから、本当にあっという間です。

予定帝王切開での出産でしたので、予定日の約二週間前(38週)に出産しました♪



貯蓄しながら育児を楽しむ > 妊娠・出産・育児のお役立ちサイト > 二人目妊娠



SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー