** 妊娠・出産・育児のお役立ちサイト **

貯蓄しながら育児を楽しむ > 妊娠・出産・育児のお役立ちサイト > 母乳育児・おっぱい育児のすすめ


母乳育児・おっぱい育児のすすめ

赤ちゃんには母乳が一番よいとされています。簡単にミルクに頼らずに頑張りましょう!

●母乳のメリットとは?

母乳で育てると次のようなメリットがあります。

・赤ちゃんと目をあわせながら授乳でき、スキンシップがはかれる
・子宮の収縮をうながし、回復を早める
・消化、吸収しやすく、胃や腸の負担が少ない
・免疫が含まれていて、病気になりにくい
・脳やあごを使い発達がよく、顔もほっそりする


●母乳が足りているか不安な場合

・赤ちゃんの体重が毎日20〜30g増えている
・おっぱいを飲んでよく寝てくれる
・おしっこが頻繁にでている
こんな時は、母乳は足りてるそうです♪
赤ちゃんが欲しがる時に欲しがるだけ与えるコト。吸わせないと母乳はでてきません。母乳がでないとあきらめずに吸わせてみること!


●おいしいおっぱいをだすためには?

・油物は控えめにする
・和食中心で温野菜をとり体を冷やさない
・水分をたくさんとる
・牛乳はコップ二杯程度、乳製品は控えめにする
などと助産師さんに言われましたが、細かいことはあんまり気にしていませんでした。


●一回の授乳時間はどのくらい?

全部で約15分で終わるのが理想的。片方3〜5分ずつ吸わせ、それを何度か繰り返します。
始めの5分で必要量の2/3、次の5分で1/3を飲み、後の5分は遊んでいるようです。
生後1ヶ月位までは寝ている場合でも、3時間おきに起こして母乳を与えました。
片方3〜5分ていうのはなかなか難しい!


●おっぱいを吐いてしまうけど大丈夫?

勢いよく噴水のように吐くのでなければ心配なし。
赤ちゃんはまだ上手に飲めていません。また満腹感もよく分かっていないので飲み過ぎの分を調節しています。ダラーと口からおっぱいをこぼしていたら、やさしく拭いてあげます。赤ちゃんが欲しがるだけ与えて大丈夫です!

私は絶対に母乳で育てる!と気合をいれてました。
それほど気合をいれる必要もなく、おっぱいはたくさんでてくれました。赤ちゃんも良く飲んでくれたとっても幸せでした。
ただ、ミルクを全く飲んでくれないので、おでかけができず・・・
それがちょっと不満だったかなぁ。





貯蓄しながら育児を楽しむ > 妊娠・出産・育児のお役立ちサイト > 母乳育児・おっぱい育児のすすめ



SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー