** 妊娠・出産・育児のお役立ちサイト **

貯蓄しながら育児を楽しむ > 妊娠・出産・育児のお役立ちサイト > 3ヶ月〜4ヶ月検診


3ヶ月〜4ヶ月検診

3ヶ月〜4ヶ月検診に行ってきました。


●3、4ヶ月検診の内容

自治体によって、3ヶ月、または4ヶ月の検診があります。
検診の内容は、保健師さんによる心配事などの個別相談、身長、体重などの測定、先生による診察、BCGの接種、歯のお話、離乳食について、保健士さんからのお話、お知らせでした。


BCGは痛い?

BCGを接種するときは、まず赤ちゃんをしっかりと押さえるように指示されました。
右手でおしりを持って、左手で手を押さえる!としっかり押さえつけられたためか、注射される時は泣いていました。ほとんどの赤ちゃんも大声で泣いていました。
DTPの接種の時はとてもおとなしく、何事もなかった様子だったのに、今回は、痛かったのかな?
かさぶたになり、それが完全にきれいになるまでには4週間ほどがかかるようです。

こんなお話がありました

・生後4ヶ月になると、生活のリズムが決まってくる赤ちゃんも多いようです。早寝早起きは子供によいと実証されているので、20:30には明かりを消し、21:00には寝付くように、するのが良いとのこと。さっそく実行してみようと思いました。
・離乳食の1回食も、5ヶ月から始めるといいそうです。今のうちにスプーンで、麦茶などを”ごくん”っと飲み込める練習をしておく必要があります。
・6、7ヶ月で7割が歯が生え、遅い子だと1歳3ヶ月くらいと言うこともあるようです。子供によって個人差がけっこうあるみたいですね。虫歯にならないために、大人の口に入れ、唾液を含んだ物は赤ちゃんには与えてはいけない。スプーンも分けるように。
・うつぶせにしてどんどん遊ばせましょう。1日5分5,6回と書いてある育児書もあるようですが、赤ちゃんが機嫌が良いようだったら、ずっとうつぶせで遊ばせていても良いようです。ただし、必ず目を離さないこと。
なるほどーと思うこともけっこうあり、役に立ちました。



貯蓄しながら育児を楽しむ > 妊娠・出産・育児のお役立ちサイト > 3ヶ月〜4ヶ月検診



SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー